理念・方針

   
        
  • HOME
  • 概要 - 理念・方針

理念・方針

あいせい紀年病院は、こころとからだに病(やまい)をもつ患者さまに、常に「安全で適切な」医療を提供し、「社会に貢献」できる医療を行うことに努めます。

<基本方針>

1 患者さまの人としての尊厳と権利を大切にする病院づくりに励みます。
2 患者さまや家族の皆さまと心のかよう診療を行うことに努めます。
3 職員のひとりひとりは、日々の努力を怠ることなく、最新で最良の医療を提供することに努めます。
4 地域における「医療」「保健」「福祉」が一体となった医療の提供に努めます。
5 院内の情報公開をすすめ、外に対しては開かれたこころとからだの病(やまい)の情報発信病院を目指します。

01K_0836

 

<患者さまの権利>

1 安全で適切な医療を公平に受ける権利
2 人権とプライバシーに配慮される権利
3 説明を受け治療法を選択する権利
4 医療の情報を知り、セカンドオピニオンを受ける権利
5 思いやりと礼節をもった接遇を受ける権利
6 精神保健福祉法等の法律に基づいた適正な手続きが保障される権利

 

<看護部理念>

1 私達は精神科医療の担い手であることを自覚し、こころやからだに病(やまい)をもつ患者さまとのかかわりを通して自尊の感情、成長を支える事に努めます。
2 私達は患者さまに安全で適切な看護を提供するために、看護技術・知識を高める事に努めます。
3 私達は患者さまとのかかわりの中で、自身を振り返り豊かな人間として成長していく事を目指します。
4 私達は患者さまの一個人としての権利を尊重した看護を提供する事に努めます。
5 私達はこころやからだに病(やまい)をもつ人々のあらゆる成長発達段階及び社会の動きに関連した領域に目を配り、かかわっていく事に努めます。