福利厚生について

   
        
  • HOME
  • 採用について - 福利厚生について

福利厚生

下記の福利厚生で職員のみなさんをサポートしています。
職員一人ひとりやその家族の充実した生活をサポートするため、福利厚生制度や施設を整えています。また、職員が将来を見据えて、末永く安心して働けるように、ライフステージに合わせて必要なサポートも用意しています。

<福利厚生制度>
1 職員旅行
2 保育扶助制度、育児休業・介護休業、育児時間の取得や、看護休暇制度など
3 災害補償規定
4 下呂・内海・湯ノ山のオテル・ド・マロニエ(厚生施設)
5 学生規定に基づく奨学金制度(看護部)
など。

<クラブ活動>
経験年齢等は関係なく、幅広い職員が気軽に参加しています。スポーツや文化活動を通じて、普段の職場では見られない意外な一面を発見したりと楽しさ充分です。
また、交流を深めるため、旅行や忘年会など他のイベントも実施しています。

ボウリング
日ごろの運動不足を解消するために発足したクラブも20年以上が経過しています。現在では全国実業団ボウリング連盟に加入し、中日スポーツ杯、名古屋タイムズ杯等に参加。愛知県精神科病院協会の大会ではいつも優勝候補です。(代表・加藤)

ふれあいバンド
1年に1~2回、病院内のホールにて小さなコンサートを開催しています。懐かしい童謡、フォーク、クラシック、ニューミュージック、ジャンルを問わず、好きな曲を好きな楽器で、患者さまにも喜んでいただけるよう、演奏しています。練習は不定期ですがコンサート前になると仕事のあとや土曜の午後などに行っています。
楽器の出来る人はもちろん、これから楽器を習ってみたい人、歌が歌いたい方など、ぜひ一緒に演奏して楽しい時間を共有しましょう。音楽を愛する人の入部をお待ちしています。
又、経験者による、ウクレレギターのレッスンも行っています。初心者OKです。(代表・佐藤明)

 

 

遊歩会
月1回のペースで名称のとおり”歩く”事を目的とし、四季を通じ、花咲く春の野辺、夏の清流、紅葉の山へと自然の空気を満喫しながら仲間との交流をはかり、時にはバスツアーに参加して遠方に出向き、見知らぬどうしとの仲間作りをしたり、年1回の一泊交流も取り入れて内容の充実をはかっています。現在、メンバーは15名。
近場のハイキングは年4~5回。バスツアーのハイキング(6~8km)参加、2回。一泊二日の交流会、年1回。その他、真夏と冬季はメンバーミーティングを実施し、今後の計画・希望等を話し合いました。(代表・古賀)

スキューバダイビング(タコスクラブ)

ストレッチクラブ
美容と健康のため毎週水曜日PM5:00~6:30、4Fホールでフィットネスサルサ、タップ、ストレッチヨガなどリズムに合わせて楽しく体を動かしています。
年齢やその時の体調にあわせ、自分のペースで楽しく踊れます。

 

 

ゴルフ
年2回の名誉院長杯、創立記念杯の為、練習に励んでいます。現在部員は12名、女性も1名参加していますが、年齢層も25~80歳と幅広く楽しんでいます。(代表・加藤)

 

 

雪合戦部
10年以上の大会参加経験があり、冬になると奥飛騨、富山、長野の山に遠征しています。試合前夜の作戦会議を夜遅くまでやって、語り合っています。

 

 

ドルフィン
毎月第3土曜日にプールへ行き、泳げない人もウォーキングをしながらシェイプアップに励んでいます。年に1~2回、プールのある施設へ出かけたり、忘年会・新年会・花見など、職員どうしの親睦もはかっています。

野球
愛精協・互精会という愛知県の精神科病院の病院の大会に出場しているほかに、名古屋市の軟式野球リーグに所属しており、年間10試合程度を身体に無理のない日程で楽しくプレイしています。
野球の経験者・未経験者を問わず、野球が好きなもの同士が集まっているため、試合に出たいという意欲のあるものがスターティングメンバーに入れるような練習方法をとっています。また新年会や忘年会などメンバー同士の交流にも力を入れているため、とても仲のよいチームとなっています。

 

クラブ・お花畑
花好きな職員が集まり、ガーデニングを楽しんでいます。当院は四季を通じて花にあふれ、患者さまには勿論、病院周辺の方々にも喜んでいただいています。