各種制度

   
        
  • HOME
  • 精神科・心療内科紹介 - 各種制度

各種制度

<高額療養費払戻制>

一定額以上の医療費を一定期間にお支払いいただいた場合”高額療養費払戻制度”が適用される場合があります。

<入院時食事療養費>

入院中、病院が用意する食事費用の一部が公的に補助される場合があります。

<自立支援制度>

外来の医療費の負担が軽減されます。2年間有効です。

<障害年金>

こころの病気や障害によって、日常生活や働くことが難しくなった方で、初診の日から1年6ヶ月を経過し、年金の保険料の納付要件が満たされている場合は、障害年金の申請資格が生じます。
たとえば、国民年金の障害年金2級に該当した方は、月額約65,000円が支給されます。

<生活保護>

働けなくなったり、入院するなどして収入が得られなくなった場合に利用できる制度です(生活保障)。申し込みは、お住まいの市区町村役所の「社会福祉事業所の生活保護係」で受け付けています。

<精神障害者保健福祉手帳>

この手帳は当事者の社会復帰・社会参加に役立てるために作られました。手帳が発行されると税金が安くなったり、公営の施設に無料で入場できたりします。
精神科初診より6ヶ月経過し、日常生活・社会生活に制約がある方が対象になります。申し込み先は、お住まいの「保健所総務課」で、有効期限は2年です。

<福祉特別乗車券>

無料乗車券と呼ばれています。名古屋市内にお住まいの方で「障害者手帳」をお持ちの方が申請できます。市バス・地下鉄が無料になります。申し込みの窓口は障害者手帳と同様です。

状況に応じて医療制度が適用される場合がございます。詳しくは、医療相談室(ケースワーカー)まで、お気軽にお尋ねください。各種制度をご紹介します。