各医師の詳細紹介ページ

   
        
  • HOME
  • 医師紹介 - 各医師の詳細紹介ページ

<医師名>

理事長 森 隆夫(もり たかお:精神保健指定医・精神科専門医・精神科指定医)

<自己紹介>

生まれは名古屋。1982年日本医科大学を卒業して、同大学精神医学教室に入局。医員助手、講師を経て、現在客員准教授を拝命。医療法人愛精会では1987年、理事長に就任。
東京に居をかまえて40年。長らく大学での教育・診療・研究と病院経営という二足のわらじをはいてきました。あいせい紀年病院では、地域医療の発展のために、あたらしい病院の体制づくりを行っていきたいと思います。あいせい紀年病院が誰からも愛される高機能な都市型病院となるよう、力いっぱい頑張りたいと思っています。

<著書>

臨床精神医学講座4巻~産後うつ病(中山書店 分担)・医学大辞典(医学書院 分担)・専門医が語る‐よくわかる心の病気(成美堂 共著)・精神科医が語る‐よくわかる子供の心の病気(成美堂 共著)・精神科医からみた職場の人間関係‐会社で適応できる人できない人(経営書院)・病院職員のための‐よい職場の人づきあい法(経営書院)、など(詳しくは下の論文をクリックしてください)

森隆夫の論文はここをクリック(別途最新版を作りなおします)


 

<医師名>

院長 木村 勝智(きむら かつとも:資格については下の欄をご参照ください)

<自己紹介>

名古屋生まれの名古屋育ちです。1988年に藤田保健衛生大学医学部を卒業し、名鉄病院で研修した後に、藤田保健衛生大学循環器内科講座に入局しました。大学病院では、内科学講師となり、大学病院で一般内科の立ち上げに携わりました。その後、みよし市民病院を経て、2020年4月に当院へ内科医として赴任しました。一般内科の診療に従事した経験から身体疾患と精神疾患の関わりに興味を持って取り組んできました。こころの問題にも理解のある内科医としてこれからも皆様のお役に立ちたいと考えております。

<資格等>

日本内科学会総合内科専門医/認定医 ・ 日本循環器学会循環器専門医 ・ 日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医 ・ 日本医師会認定産業医

<診療科目>

内科・循環器科


 

<医師名>

院長代行 山之内 芳雄(やまのうち よしお:精神保健指定医・精神科専門医・指導医)

<自己紹介>

山口大学を卒業後、名古屋大学で精神科を始めました。その後、藤田医科大学で精神科講師・臨床研究センター副センター長、厚生労働省、国立精神・神経センター研究所勤務を経てきました。薬が多くなりすぎた統合失調症の方の無理のない薬の減らし方を実践してきました。中京病院精神科でも勤務し、高齢化した社会の中で、街に馴染んだ精神科の役割づくりに取り組んでいます。


 

<医師名>

副院長 鈴木 正孝(すずき まさたか:資格については下の欄をご参照ください)

<自己紹介>

名古屋生まれの名古屋育ち、生粋の名古屋っ子です。中部労災病院で研修後、1976年、名古屋大学整形外科教室に入局。名古屋掖済会病院、長野赤十字病院で整形外科研修。以後、名古屋大学分院、名古屋第一赤十字病院を経て、東海病院整形外科部長として14年間勤務。2001年10月よりあいせい紀年病院整形外科へやってきました。
専門は手の外科です。学位は手の先天異常の研究でとりました。その他に得意とする分野はスポーツ整形外科、関節外科、リウマチ、骨粗鬆症の診断と治療、腰痛、関節痛、神経痛の治療などです。
どうぞよろしくお願いします。

<資格等>

整形外科専門医 ・ 日本リウマチ学会専門医 ・ 日本整形外科学会リウマチ医 ・ 日本整形外科学会スポーツ医 ・ 日本医師会健康スポーツ医 ・ 日本リハビリテーション学会臨床認定医 ・ 日本手の外科学会代議員 ・ 国際手の外科連合会員 ・ 医学博士

<診療科目>

整形外科 ・ リウマチ科 ・ リハビリテーション科 ・ 神経内科


 

<医師名>

副院長 伊藤 嘉浩(いとう よしひろ:精神保健指定医・精神科専門医)


 

<医師名>

老年科部長 服部 英幸(はっとり ひでゆき:資格については下の欄をご参照ください)

<自己紹介>

生まれは神話の国、島根県です。大阪大学医学部を卒業して、精神科教室に入りました。以後ずっと、認知症をはじめとする高齢者の精神疾患を中心に診療してきました。途中、大学の病理学教室で顕微鏡を覗く研究生活をしたり、精神科を離れて老年内科医として診療していた時期もあります。直近では平成15年から令和2年6月まで、大府にあります国立長寿医療研究センターで老年精神科診療を行っていました。
日本は高齢化がすすみ、認知症やうつ病など高齢者に多い精神疾患が増加しています。認知症は高齢者の5人に1人は発症するとされ、社会的にも重大な問題です。認知症診療は単に薬を出せばいいというものではなく、認知症の人とその家族、介護者を含めた総合的な支援が重要です。高齢者の心身両面と生活の全体を地域の中で支えられるお手伝いができることをめざしていきます。

<資格等>

精神保健指定医 ・ 精神科専門医 ・ 日本老年精神医学会専門医 ・ 日本認知症学会専門医 ・ 認知症サポート医

<診療科目>

老年科

<著書>

「在宅支援のための認知症BPSD対応ハンドブック」ライフサイエンス(2016) ・ 「BPSD初期対応ガイドライン改訂版」ライフサイエンス(2018)


 

<医師名>

顧問 杉浦 秀雄(すぎうら ひでお:精神保健指定医・精神科専門医・精神保健判定医)

<自己紹介>

平成元年、精神科医師を志し名古屋大学精神医学教室へ入局しました。以後、あいせい紀年病院へは非常勤、常勤と勤務形態は変わりましたが基本的にはずっと在籍しております。私の精神科治療に対する基本的な考え方は、どんな病態(病気の重さとでも言ったらいいでしょうか)であれ“患者様のよりよい社会適応”をまず念頭に置き治療実践をしていくということです。幻聴に悩まされている患者様であっても、緊張が強く人前で食事がとれないことに悩んでいる患者様であっても、そういった病状が多少とも和らぎ、その患者様にとってよりよい社会適応ができるようになっていただくことです。
昨今、精神科の新しい検査技術、新しい治療技術、新しい治療薬などが次々と開発されています。が、時代が変わっても“患者様のよりよい社会適応”を実現することが精神科医療の基本であり本質だと考えています。
あいせい紀年病院は、新しい知見を取り入れながら、“患者様のよりよい社会適応”を援助することを基本に考えていく精神科病院でありたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


 

<医師名>

顧問 大槻 俊夫(おおつき としお:精神保健指定医・精神科専門医)

<自己紹介>

岐阜市生まれで1979年に三重大学医学部を卒業しました。研修医時代(中部労災病院)から名古屋に住む様になり、月日の経つのも夢のうち、はや四半世紀近くになります。当院へは1988年4月に赴任しました。無定見な時代の追従者であった私も20年以上の歳月を経て、精神科医療の定見を持ち得たのか、疑問の日々です。
さて、精神科医療ではますますその質が問われています。私たちのような精神科病院では、ユーザーの満足度が焦点となっていくでしょう。一方で、国の医療費抑制策の影響もあり、病院の舵取りをする者の一人として正しい状況判断をすべく、緊張感一杯の昨今です。


 

<医師名>

外来医長 浦野 隆(うらの たかし:精神保健指定医・精神科専門医)

<自己紹介>

名古屋市出身です。はじめはかっこいいからという理由で建築デザイナーを目指し金沢大学工学部土木建設工学科に入学しましたが、中退し、子どもの頃から夢である医師を志し、奈良県立医科大学医学部に入学しなおしました。医大の進級テストのとき、緊張してパニック発作をおこしてから精神科に興味をもちはじめ、精神科医になりました。よろしくお願いします。


 

<医師名>

医師 岩田 尚司(いわた しょうじ:精神保健指定医・精神科専門医)

<自己紹介>

愛知県出身。昭和60年に三重大学医学部を卒業しました。初心を忘れないよう心掛けています。


 

<医師名>

医師 臼井 敏晶(うすい としあき)

<自己紹介>

山梨大学医学部を卒業後、名古屋大学精神科医局に入局し、精神科医として心の御病気の治療に従事しております。これからも地域の皆様の心の健康に貢献していきたい所存です。


 

<医師名>

医師 大喜多 妙美(おおきた たえみ:精神保健指定医・精神科専門医)

<自己紹介>

女性の目線にもたった診療を心がけてまります。女性の幸せライフをご一緒に捜していきましょう。


 

<医師名>

医師 藤井 洋一郎(ふじい よういちろう:精神保健指定医・精神科専門医・精神保健判定医)


 

<医師名>

医師 松林 里佳(まつばやし りか)

<自己紹介>

今年からお世話になります。地域の皆様の心の健康を保つ手助けを少しでもできればと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。


 

<医師名>

医師 髙崎 優(たかさき ゆう)


 

<医師名>

医師 夏目 弓子(なつめ ゆみこ)


 

<歯科医師名>

歯科部長 鈴木 雄一郎(すずき ゆういちろう:臨床研修指導歯科医)

<自己紹介>

長野県の歯科大学を卒業し、大学病院で8年間様々な症例を治療してきました。その後、長野県塩尻市内のクリニックの院長を経
て、あいせい紀年病院の歯科開設の運びとなりました。これまでの知識と経験を活かし、地域に密着した歯医者として微力ながら
皆様の歯科治療に力を発揮したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。